読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DSK3の事後報告

「あそべるおもちゃ」をレゴで作るおっさんブログ

ご無沙汰企画:LEGOミニ可動ロボ「LBF-01」をつくろう!

How to make introduction (sharable) ※画像無断転載禁止です LEGO(レゴ) 作り方紹介(共有可) 만드는 방법 소개 (공유 가능)

 こんにちは。DSK3です。

ブログの最終更新が2015年の11月ですから、ほぼ1年近くのご無沙汰となってしまいました。ここしばらくは仕事が忙しく、趣味の時間もなかなか作れなかったもので、申し訳ない限りです。

 

そのお詫びと言ってはなんですが、今回はサックリ組めて丈夫な作りの可動ロボの作り方公開をやってみようかと思います。

 

■レゴ基本戦士、ここに参上

f:id:daisukesan:20160905123159j:plain

 LBF-01 LEGO BASIC FIGHTER01です。全高約8センチほどですが、最小限のパーツ構成ながらなかなかの可動性能を誇るミニロボとなります。

過去にご紹介したEGG ver.3.などとも組み方が共通の部分がありますので、EGGを組まれている方ならすんなりと作成できてしまうかと思います。

とはいえ、丈夫な組み方という点では新しい発見を体験してもらうモデルになっているかと。それではどうぞ。

 

※本ページの写真及び記事内容の無断転載を禁じます。当ページのURL共有ならOKです。

f:id:daisukesan:20160905123157j:plain

f:id:daisukesan:20160905123302j:plain

今回はベーシックなモデルということで、デザインやカラーリングも最小限にとどめています。僕自体がそういったデザインが好みということもありますが。

f:id:daisukesan:20160905123303j:plain

 小さく簡素な作りながらも情報量はそこそこ備えています。強度ある組み方とデザインの両立を目指したつもり。

f:id:daisukesan:20160905123210j:plain

 バラバラにするとこんな感じ。真面目に数えていませんが、160ピースといったところでしょうか?

f:id:daisukesan:20160905123211j:plain

武器を除いたモデルそのものを構成するパーツを並べてみました。まずはこちらを揃えましょう。

今回は最低限のパーツ構成で考えておりますので、パーツの代わりがききません。

パーツの取り寄せ方法などは、過去の作り方記事などで触れておりますので参考のほど。ちょっとそこまでフォローできる時間がないもので‥すみません。

それではパーツが揃った方は次に進んでください。

 

■腕部の組み方

f:id:daisukesan:20160905123212j:plain

それでは腕から組んでいきましょう。といっても腕の組み方自体はEGGver.3とほぼ同じです。片腕を構成するパーツは写真の通り。これを左右対称で一対作成します。 

f:id:daisukesan:20160905123213j:plain

まずは指先から。

f:id:daisukesan:20160905123214j:plain

 写真の見方自体はいつも通り。組んだ状態のものと次に使うパーツを並べて撮影しています。

f:id:daisukesan:20160905123215j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123216j:plain

↓ 

f:id:daisukesan:20160905123217j:plain

 T字分岐バーをつかむクリップは90度ずらして組むとそうそう外れることはありません。

スタッドとクリップ、そしてテコの原理による固定がさらに結合度を上げます。

あ、親指のパーツは消火栓または消化ホースパーツというらしいです。

f:id:daisukesan:20160905123218j:plain

 これで下腕部は完成、上腕部に移ります。

f:id:daisukesan:20160905123219j:plain

 上腕部と下腕部を繋ぐT字分岐バーは、やや浅めに挿しておいてください。

f:id:daisukesan:20160905123220j:plain

これで片腕完成です。 

f:id:daisukesan:20160905123221j:plain

これを左右分作成します。指の向きに注意してくださいね。

 

■脚部の組み方。

f:id:daisukesan:20160905123222j:plain

 脚部片脚分を構成するパーツは今んな感じです。

f:id:daisukesan:20160905123223j:plain

 では足先から組んでいきます。

f:id:daisukesan:20160905123224j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123225j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123226j:plain

 足首ですが、もともと少し脚をハノ字にした状態が基本となりますので、スネ部分は内側に傾くのがデフォルトとなります。2×1のパネルが干渉してまっすぐにできませんが意図的ですのでご了承ください。素立ちがサマになる方がいいですからね。

f:id:daisukesan:20160905123227j:plain

 さてヒザ関節です。ここではちょっと珍しい組み方をしてますので、要チェックです。

f:id:daisukesan:20160905123228j:plain

 肘関節とは別のパーツ構成ですが、ここでもT字分岐バーを90度異なる角度からつかむ事で、剛性を上げています。

f:id:daisukesan:20160905123229j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123230j:plain

 これでヒザ下部分が完成。

f:id:daisukesan:20160905123231j:plain

 それでは大腿部です。

f:id:daisukesan:20160905123232j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123233j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123234j:plain

 これで右脚の完成です。あと一息です!

f:id:daisukesan:20160905123235j:plain

 左脚も作ってくださいね。

 

■胴体の組み方

f:id:daisukesan:20160905123236j:plain

いよいよコア部分である胴体部分の作成です。とは言っても構成は簡単なのでサックリいきましょう! 

f:id:daisukesan:20160905123237j:plain

 下ごしらえとして、この3つのパーツで‥

f:id:daisukesan:20160905123238j:plain

 あらかじめこの部品を4つ作ってください

f:id:daisukesan:20160905123239j:plain

 ↓続けて胸周りを組んでいきます。

f:id:daisukesan:20160905123240j:plain

下ごしらえで作った部品を一個使います。

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123241j:plain

バックパックを組みます。ここはちょっとだけわかりにくいので細かくご紹介。 

f:id:daisukesan:20160905123242j:plain

 クリップの向きと取り付け方に注意。あとパーツの個体差で寸法がちょっと狂っておりしっかり噛み合わない(隙間が空いてしまう)ものがあるようです。

f:id:daisukesan:20160905123243j:plain

 このようにカッチリハマります。これは色々応用がきく組み方だと思います。

f:id:daisukesan:20160905123244j:plain

下ごしらえで作った部品を二個使います。

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123245j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123246j:plain

 わかりやすいように上下ひっくり返しています。

f:id:daisukesan:20160905123247j:plain

 最後にバックパック部分を仕上げます。

f:id:daisukesan:20160905123248j:plain

 バックパックにノズルが一つ追加される形になります。ここは必須ではありませんが。

f:id:daisukesan:20160905123249j:plain

腰部分に移ります。こちらは簡単。

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123250j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123251j:plain

完成です!

 

■頭部の組み方

f:id:daisukesan:20160905123252j:plain

f:id:daisukesan:20160905123253j:plain

 頭部の構成パーツです。

f:id:daisukesan:20160905123254j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123255j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123256j:plain

 f:id:daisukesan:20160905123257j:plain

特に注意点もなく完成です!

 

■各ブロックを結合しよう!

f:id:daisukesan:20160905123258j:plain

 今までに作った各ブロックをT字分岐バーを差し込ん結合します。

f:id:daisukesan:20160905123259j:plain

 脚の組み方でも触れたとおり、ちょっと脚を斜めに開いた状態がデフォルトです。足首関節が非常に優秀なので、脚をどれだけ開いても地面の角度に追従して接地してくれますよ。

f:id:daisukesan:20160905123300j:plain

 さらに立たせる際のワンポイントとして、大腿部とスネ部分をちょっとロールさせて(捻って)爪先が外側に向くようにしてみましょう。素立ちでも力の入ったニュアンスを出すことができます。これは一般のアクションフィギュアなどでも同じことが言えますね。

f:id:daisukesan:20160905123301j:plain

 腕を取り付けます。先ほど肘関節は浅く接続するようにと書きましたが、肩関節側の接続は根元までしっかりと挿してください。

f:id:daisukesan:20160905123302j:plain

 これで本体は完成です!お疲れ様でした。

f:id:daisukesan:20160905123303j:plain

 くみかたに間違いがないかチェックしてください。

 

■おまけ 武器の組み方

f:id:daisukesan:20160905123304j:plain

 すでに過去の組み方でも公開していますが、DSK3式ロボットの公式武器の組み方にも触れておこうかと。

f:id:daisukesan:20160905123305j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123306j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123307j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123308j:plain

 ↓

f:id:daisukesan:20160905123309j:plain

完成です。 

f:id:daisukesan:20160905123310j:plain

 武器を手に取り付ける際には人差し指にクリップを嵌める形になります。

f:id:daisukesan:20160905123311j:plain

 意外にポロリと外れることもなくいい仕事をしますよ!

f:id:daisukesan:20160905123208j:plain

 さあ、あとは遊ぶだけ!

f:id:daisukesan:20160905123209j:plain

一通りの関節は不自由なく動きます。強度的にもそれほど問題ないはずです。

f:id:daisukesan:20160905152943j:image

特筆すべきはこのサイズでも片膝をつけられること。

※うまくできない場合はつま先関節を伸ばしてくださいね。

f:id:daisukesan:20160905123158j:plain

 今回の素体のウリはやはり柔軟な下半身可動でしょうか。いろんなポーズをさせて思う存分ブンドドさせましょう!

f:id:daisukesan:20160905123155j:plain

 余裕があれば他のカラーリングも試してみましょう。自分だけの基本戦士ができるはずです。

f:id:daisukesan:20160905123205j:plain

 試しに黒バージョンを。T字分岐バーも黒いものを使っているので、真っ黒ですな。

f:id:daisukesan:20160905123202j:plain

 黄色のアクセントがいい味出しています。

f:id:daisukesan:20160905155239j:image

ちょっと工夫すれば機動戦士的カラーも再現可能です。

f:id:daisukesan:20160905123207j:plain

 さていかがだったでしょうか?

汎用性がきくモデルではないかもしれませんが、自分だけの工夫でオリジナル基本戦士を作ってみてくださいね。

 

■そして今回もまたやります。

Twitterであなたのカスタマイズした基本戦士を写真付きでおつぶやきください。

ハッシュタグ #LEGO_LBF作ったよ でつぶやいていただいた方は当ブログでご紹介させていただこうかと思います。

 

※ブログにはTwitter記事をそのまま掲載しますので、写真と併せてアピールポイントなどを記載ください。

※ブログ掲載を行う際には、作者様への掲載確認などを省略させていただきます。→ハッシュタグ付きでつぶやいた時点で掲載にOKをいただけたものとします。

※万が一数が多い場合は私の独断で掲載作品を選ばせていただきます。必ずしも全てが掲載されるわけではないことをご了承ください。

 

ひとまずの第一次締め切りを2016年9月いっぱいとさせていただきますので、期待しないで待ってます!

 

それでは!